注文住宅で建てた一戸建てマイホームに思うことは、「寝室は小さくしておくべきだった」ということです。だって、寝るための部屋ですよ。夫婦ともに40代で働き盛りなものですから、寝室は本当に「寝るためだけの部屋」なわけです。一戸建てマイホームを建てた当時は、寝室こと自分たちの部屋で、音楽を聴いたり本を読んだりDVDを観たり…と、考えて広めに用意したわけです。もちろんテレビの配線もあります。けれど、マイホームを建てた時点で30代。30代40代は働き盛りなわけですよ。職場にいる時間だって長いわけです。ですから寝室は先にも述べた通り、本当に「寝るための部屋」になるわけです。というか、余暇を楽しむスペースは主にリビングルームですから。けれど広い寝室ですから、夏場はエアコンで温度を下げるまでに時間がかかるし、無駄に広いから空間が気になるし…と思うと、「寝室は小さめに作るべきだった」と後悔してしまうのですよね。この寝室の無駄なスペースをキッチンやリビングやその他の収納にもっていきたかったと今は思います。

健康マニアによる無病ライフ お家の見直ししま専科 英語上達の秘訣 英語上達の秘訣 クレジットカードの即日発行じゃけん マッサージのリアル口コミ.com JALカード 住宅リフォーム総合情報 生命保険の選び方 女性向けエステ.com